フィルタ設定

指定した条件に一致したメールにフィルタをかける(受信する、破棄するなどの処理を決める)ことができます。

ログイン

基本設定

■設定方法

Webメールログインし、右上の「個人設定」を押します。


「セキュリティ設定」タブをクリックし、左メニューから、『フィルタ設定』を押します。



1)基本設定


どのフィルタ設定にも当てはまらない受信メールの扱いを設定します。



「どのルールにもマッチしないもの」のプルダウンメニューより下記のいずれかを選択して、保存ボタンを押すと機能が有効になります。
設定を変更した場合、保存ボタンを押すことで設定が有効になります。

受信する メールのヘッダーに X-Mark-Spam-Flag という情報を挿入します。
破棄する ルールに合致したメールを破棄します。
ヘッダーのみ受信する ルールに合致したメールのヘッダーのみ受信します。
※メールの本文を見ることができません。ご注意ください。
識別ヘッダー'spam'を追加して受信する ルールに合致したメールのヘッダーに
'X-Mark-Sort-Mark: spam' という情報を追加して受信します。
識別ヘッダー'A'を追加して受信する ルールに合致したメールのヘッダーに
'X-Mark-Sort-Mark: A' という情報を追加して受信します。
識別ヘッダー'B'を追加して受信する ルールに合致したメールのヘッダーに
'X-Mark-Sort-Mark: B' という情報を追加して受信します。
識別ヘッダー'C'を追加して受信する ルールに合致したメールのヘッダーに
'X-Mark-Sort-Mark: C' という情報を追加して受信します。

※メールのヘッダーとは:メールを送受信する際に記録される、送信者や受信者に関する情報です。
メールアドレスやメールの作成日時などが記載してあります。


2)追加したルールを一覧表示します。

「追加」ボタンを押下して開くダイアログボックスを使ってルールを作成します。



フィルタ名 一覧表示する名称を指定します。
処理 条件に一致した場合の処理方法を次のうちから選択します。
・受信する、破棄する、ヘッダーのみ受信する、
・識別ヘッダー'spam'を追加して受信する、
・識別ヘッダー'A'を追加して受信する、
・識別ヘッダー'B'を追加して受信する、
・識別ヘッダー'C'を追加して受信する
それぞれの処理の意味については 上記の 1)基本設定と同じですので、ご参照ください。
優先度 登録数に応じて優先度を選択して指定します。
ヘッダー条件   要素 対象となる要素を次のうちから選択します。
・題名、送信元、宛先、
・Return-Path:、Sender: From:、To:、Cc:、Subject:、Reply-To:、
・Content-Type:、User-Agent:、X-Mailer:、Received:、 Date:、
・Message-ID:、X-Mark-Recipient:、X-Mark-Spam-Flag:
条件 対象となるヘッダの条件を次のうちから選択します。
・に次が含まれる、に次が含まれない、
・が次のアドレスと一致する、が次のアドレスと一致しない、
・が次のアドレスで始まる、が次のアドレスで始まらない、
・が次のアドレスで終わる、が次のアドレスで終わらない、
・ヘッダーが存在する、ヘッダーが存在しない
キーワード 対象となるキーワードを設定します。
半角128文字まで設定可能です。
サイズ条件 対象となるサイズの条件を次のうちから選択します。
・バイト以下である、キロバイト以下である、メガバイト以下である、
・バイトを超える、キロバイトを超える、メガバイトを超える